【希少品種】サンスベリア・エリスラエの育て方【レアプランツ】

Pocket

サンスベリア・エリスラエとは

皆さんこんにちは、今日はとても珍しいサンスベリア・エリスラエが入荷しました。

お値段はなんと5000円+税

写真 2016-02-02 11 14 39

サンスベリア・エリスラエは、リュウケツジュ科サンスベリア属の常緑多肉植物です。

エリスラエは流通量がとても少ない希少品種です。

空気の清浄作用があることも有名で清浄の樹なんて呼ばれることもあります。

サンスベリには様々な種類があり最もポピュラーなサンスベリアはサンスベリア・ローレンティーで皆さんも見たことあるのではないでしょうか?

IMG_0961

他にも様々な形のサンスベリアがあり、こちらの記事で紹介していますので、是非ご覧ください。

サンスベリアの希少品種4種類が入荷しました!フランシシー・バキュラリス・マライカ・ファーンウッド

部屋に飾ればグッとおしゃれになる観葉植物5種類のサンスベリア(サンセベリア)のご紹介

サンスベリア・エリスラエの特徴はそのすらっとした細く硬い葉がロセット型に展開していくところです。

写真 2016-02-07 18 41 51

似たような葉のサンスベリア・スタッキーやデザルティーとは違い螺旋状に広がるように葉が展開していきます。

写真 2016-02-07 18 42 15

また耐陰性もつよくインテリアプランツとしてお部屋のインテリアとして人気があります。

サンスベリア・エリスラエの育て方

サンスベリア・エリスラエの育て方をご紹介しいきます。

春から秋までが成長期で冬の間は休眠期になりますので、そのことを頭にいれておくといいでしょう。

写真 2016-02-07 18 42 03

置き場所

置き場所は真夏を除く春から秋の成長期は屋外の日当たりのいい場所でも大丈夫です。(真夏の直射日光は葉やけの原因になります。)

室内の場合は明るい場所に置いてあげてください。耐陰性もあるので暗いところでも平気ですが成長は悪くなります。

冬は室内のなるべく暖かく明るいところに置いてあげてください。

水遣り

水遣りは春から秋の成長期は土の表面が白く乾いたの確認してからたっぷりと水をあげてください。鉢皿には決して水をためないようにします。

冬場の休眠期は10度を下回るような状態では断水します。まったく水を与えなくてかまいません。水を与えると腐る原因になります。

10度以上を保てる環境にあれば土の表面だけでなく土の中までしっかりと乾いたのを確認してから水をあげてください。

温度

最低5度程度まで耐えることができますので、冬の室内であれば問題なく冬を越せます。冬場に枯れてしまうのは大抵水をあげて腐らせてしまうことです。

暑さには強く特に気にする必要はありません。

肥料

肥料は成長期の春から秋にあげてください。冬場のあげると枯れる原因になります。

固形肥料や液体肥料を観葉植物用に適量与えてください。

また植え替えのときに元肥を入れてあげればその年は肥料を上げる必要は特にありません。

植え替え・増やし方

サンスベリアは根の成長が早いので2、3年に一度は植え替えてあげるといいでしょう。時期は5~9月までの間です。

植え替えのときに株分けで増やすことができます。根元に子株が出ていると思いますのでそれをとって別に植えてあげてください。

エリスラエの場合は葉ざしの方が適しているかもしれません。

葉ざしとは葉を切って増やす事です。

方法は長さ約10cmぐらいに切って、切り口を良く乾かします。

上下間違えないように赤玉土などに挿して風通しの良い日陰に置いておきます。

新芽が伸びてきたらそのまま鉢に植えてあげます。芽が出るまでには3ヶ月から半年ぐらいかかります。

まとめ
  • 冬場の水遣りは慎重に
  • 暗いところでも平気だが、本来は日当たりが好き
  • レアプランツ、流通量が少ない希少品種

サンスベリア・エリスラエのオシャレな飾り方

写真 2016-02-08 17 22 23

上にすらっと伸びるフォルムが特徴的な観葉植物は背の高い鉢が良く合います。

そしてサンスベリア・エリスラエは細く硬いシャープな葉がモダンな印象を与える観葉植物なので、同じくモダンなスクエアのウッド調の鉢に入れてあげました。

写真 2016-02-07 18 42 03

プラスチックの鉢も素敵ですが、陶器の方がグッと高級感が出ますね。

サンスベリア・エリスラエのように面白い形の観葉植物は鉢も個性的なものに植えてあげてもグッと映えるので皆さんも色々と試してみてくださいね!

Pocket