【平塚花長】赤い模様がオシャレなアロエ・フラミンゴの育て方【多肉植物】

Pocket

【交配種】ハイブリットアロエ・フラミンゴの育て方

写真 2016-03-08 17 57 37

みなさん近頃人気のハイブリットアロエ・フラミンゴが入荷しております。

今日はそのアロエ・フラミンゴのご紹介と育て方を書いていきたいと思います。

アロエ・フラミンゴとは

アロエ・フラミンゴとはアロエの交配種、つまりアロエ違うアロエ同士を交配して生まれたのがこのアロエというわけです。なので自然界に存在したわけではなく人工的に作り出された品種というわけですね。

アロエ・フラミンゴはとても観賞価値が高く、葉に散りばめられた赤い突起がとても美しい種類のアロエです。フラミンゴの名前に負けない目の覚めるような美しい赤色をしています。

写真 2016-03-08 17 57 43

ちなみにフラミンゴとは鳥のイメージがありますが、もともとフラミンゴには「燃えるような」という意味がありますよ!

秋から冬にかけてその美しさは増していき、夏ごろになるとまた緑が強くなっていきます。

交配種と聞くと育て方が難しいと思われるかもしれませんが、その本質は通常のアロエと変わらずとても丈夫で育てやすいのも人気の秘訣ですね。

アロエ・フラミンゴの育て方

写真 2016-03-22 19 06 36

アロエ・フラミンゴはとっても丈夫なので特にしなければいけないという手入れはありません。一年を通して良く日にあてて、水をあげすぎないように管理するのがポイントです。

寒さにはそれほど強くないので、冬は室内の明るいところで乾燥気味に管理してあげてください。

また大きすぎる鉢に植えると根腐れを起こしやすくなるのでちょうどいいサイズの鉢に植えてあげてください。

置き場所

一年を通して陽の当たる明るい場所がオススメです。よく陽に当てたほうが、株も丈夫になり寒さにも強くなります。半日陰でも育てられますが、弱々しくなり下の葉が枯れてきます。

冬場は5℃を下回るようであれば屋内へ取り込んであげてください。寒さにあたり弱ると葉の淵が茶色くなってきます。また根詰まりや根腐れなど調子がわるくなっても同様の状態が見られることがあるので注意してあげてください。

水遣り

アロエ・フラミンゴは乾燥に非常に強く水が不足したくらいでは枯れることはありません。春から秋の成長期は土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげてください。

冬はほとんど水は必要ありません。水を切ることで寒さにも強くなります。1月に一度くらいの目安で大丈夫です。

室内で温度がある程度確保でき成長が確認できればいつも通りに水をあげてかまいません。

温度

暑さには強く、寒さにはやや弱いので最低でも5℃は確保してあげるとよいです。

植え替え・増やし方

植え替え時期は5~9月の間で、2年に一度一回り大きな鉢に植え替えを行ってあげると良いでしょう。あまり大きすぎる鉢は根腐れの原因になります。

使用する土は市販されている多肉植物、サボテン用の土が無難です。

増やし方は株分けで増やすことができます。時期は5~9月の間なので植え替えと同時に行うと良いでしょう。株分けは根元に子株ができていればカッターなどで切れ目をいれて切り離しましょう。

肥料

成長期に緩行性の固形肥料を一ヶ月に一度あたえるとよいです。

いかがでしたか?難しそうに見えてほとんど通常のアロエと変わらない管理のしかたで大丈夫です。

皆さんこの素敵なアロエ・フラミンゴを是非育ててみてくださいね!

写真 2016-03-22 19 05 31

Pocket